株投資初心者の方は当サイトで学びましょう

当たりやすい!IPOおすすめの証券会社

様々な会社のイメージ

IPOに当選するためには、多くの証券会社を使用したほうが有利になります。1個あたりの証券に対して50万円程度の資金が必要とはなりますが、多ければ多いほど有利になるといえるでしょう。そして、資金が多ければ多いほど有利になります。従ってまずは口座開設を多くの会社で申し込む必要があります。資金が多ければたくさんの口座開設をすることによってIPOがあたりやすくなります。

しかしながら、最初のうちはそこまで多くの資金がない場合が多いでしょう。ここでは、そこまで多くの資金がない人にIPOに当選しやすそうなおすすめな証券会社について説明をしていきます。

まず、IPOで当選のしやすさにもっとも重要なのは取扱数でしょう。絶対的に申し込みができる数が増えれば増えるほど有利になります。基本的には大手の証券会社が主幹事になっている場合が多いですが、そのような証券会社はそこで多くの取引を行ってる人が有利になります。その点から資金が少ない人にとっては不利な場合が多いでしょう。

それに比べてネット証券で多くの取扱数があるところを選べば資金に依存しないで抽選することが多くありますので、その点からもネット証券などで取扱数が多いところを優先的に選ぶことが重要になります。

そして、その次に重要な要素としては抽選方法になります。大手の証券会社は基本的には資金が多い方や多くの取引をしている方に対して優先的にIPOを振り当てます。つまり、ルールがほとんど存在していません。各営業職員の采配次第となります。

それに比べてネットでの配分に関しては様々なルールに基づいて行われております。場所によっては100パーセント完全平等抽選というところもあります。また、一部だけ完全平等抽選であるけど、メインの部分は大手証券会社と同じく取引が多いところなどに対して優先的に配る場合もあります。この多くの取扱数と抽選方法に注目をして口座開設を優先的にしていくのがよいでしょう。

最近人気の証券はSBI、マネックス、大和証券など

では、ここからは具体的な証券会社名を上げておすすめな証券会社について説明していきます。まずは、ネット証券の大手から説明していきます。

まずは、SBI証券になります。IPOに関わらずネット証券の最大手となります。この証券会社はIPOの取扱数でもネット証券の中ではトップの存在になります。ここの抽選方法は7割が完全抽選になります。SBI証券でいう完全抽選というのは、多くの申し込みをしている人が有利なルールになっています。つまり、多額の資金をつぎ込める方ほど有利ということになります。

そして、それ以外にもIPOチャレンジというものも存在します。こちらは一度IPOに外れると1ポイントをくれるシステムになっています。長いこと外れているとどんどん当たる可能性が高くなるルールになっています。

次にネット証券の大手マネックス証券について説明していきます。こちらは、100パーセント完全抽選の証券会社になります。1単位申し込めば同じように抽選をしてくれますので資金力が低いとっても有利なルールになっています。過去マネックス証券では多額の利益を出せる銘柄も取り扱っていましたので、資金が少ない場合でも優先的に開きたいところになります。

では、次はネット証券ではなくて大手証券会社でおすすめな証券会社について説明していきます。その中で大和証券は完全平等抽選が15パーセントほど存在しています。ネット証券の100パーセントと比べると小さいですが、その分大和証券は取扱数も非常に多くになっております。15パーセントであっても多くの割当をもらう可能性も高いといえます。

このように、何個かおすすめな証券会社について説明していきましたが、余裕があれば多くの口座開設をしてある程度の資金を移してIPOの申し込みをすることがIPO当選の早道となるでしょう。