株投資初心者の方は当サイトで学びましょう

株主優待はいつ届くの?貰い損ねを防止

株主優待は株を持っていたからと言って、必ずもらえるものではありません。貰うためにはルールが決まっていますので、貰い損ねないように基準を把握しておく必要があります。

株式を上場しているすべての会社が株主優待制度を導入しているわけではありません。株主優待は株の魅力を上げ、株価を上げるための企業の工夫の1つです。株主優待で貰えるものには、自社で作った商品やお米券やビール券のような金券類、割引券、サービスを無料で利用できるようなチケット、地域のそのシーズンの特産品やお米などの食べ物があります。

企業によってはカタログギフトのように、いくつかの商品の中から選択制を採用しているところもあります。選択制の会社の場合はハガキで希望する商品を伝えることになりますが、期限までに伝えるのを忘れてしまうと、希望する優待を得ることができなくなることもあります。

また、株主優待は株主への還元目的で行われていますので、企業の業績が大幅に悪化して還元できる資産がなくなってしまうと、一時的に優待制度が停止されることもあります。株主優待目当てで株を購入する場合は、その企業が継続して優待制度を維持できるかどうかも注目しておかなくてはなりません。当然業績が悪化すれば株価も下落してしまいますので、損失が発生するリスクもあります。長期的に保有していれば回復するかもしれませんが、それまで資金を動かすことが難しくなってしまいます。

株主優待の中には保有している株の枚数によって豪華になる会社も数多くあります。最低限単元株数は保有しておかなくてはなりませんが、何株以上でどのような優待が受けられるのかは証券会社の情報でチェックしておきましょう。株主優待目当てで投資をする場合は、優待品項目や購入するための資金などから、検索して探すことができます。単元株数以下のミニ株やプチ株では優待を受けることはできませんので、資金が少ない人は少額でも単元株数以上購入できる銘柄を探しましょう。

貰い損ねる人はこんな人!あなたは大丈夫?

株主として認められるのは、企業が決めている期末決算日や中間決算日に株を持っていた人です。証券会社で株を購入しても「受渡日」がありますので、月末に株を持っていたら良いというわけではなく、月末に受け渡しが完了するように持っている必要があります。その権利が確定する日を「権利取最終日」と言います。権利取最終日は権利確定日の3営業日前ですので、土日や祝日を挟むときには注意が必要です。

企業によって決算月が異なります。多くの会社は3月と9月の月末に保有していると優待を受けることができますが、2月や12月の会社もあります。うまく売買を繰り返せば、少ない資金でも多くの会社から株主優待を受けることも可能です。

権利確定日に株を保有していればすぐに売ったとしても優待を受けることができます。貰い損ねてしまう人は権利確定日に株を保有していないケースがほとんどです。また、優待品が届くのは企業によって異なり、2ヶ月、3ヶ月先になることもあります。気長に待ちましょう。

証券会社に登録してある住所が間違えている人も届かなくなる可能性があります。登録している情報に間違えがないよう、引っ越しをしたらすぐに更新しなくてはなりません。特にシーズンものの食べ物は日持ちしないものもあり、スムーズに受け取らないと優待品がダメになってしまうこともあります。

2ヶ月、3ヶ月しても何も届かない場合、その企業の優待に関する情報を確認してみましょう。業績が悪化していた場合は優待が廃止されてしまっているかもしれません。配当がある場合は郵便局や信託銀行で配当を受け取ることができます。受け取り期限がありますので、そちらも忘れずに手続きをするようにしましょう。