株投資初心者の方は当サイトで学びましょう

株式投資はいくらから始められるの?

まず、株式の購入には「単元」が何株からなのか注意しておく必要があります。単元株数は基本的には条件をクリアすれば会社が自由に設定することができますが、1株あたりの値段が安い会社ほど単元株数が多く、反対に1株の価格が高い会社では1株単位で取引ができるようになっています。中には1株の価格が高いのにも関わらず、単元株数も大きい会社があります。そのような会社の株式を購入する場合は多額の資金が必要となり、あまり資金が少ない人には向いていません。取引のハードルが低い会社ほど参加できる人も多くなるため、活発に売買されやすくなります。

株式投資で用意できる資金は人によって異なります。たくさんの資金があれば選択肢が広がりますが、資金が少ない人は低位株を狙ってみると良いでしょう。低位株は価格が300円~500円以下の少ない資金でも購入できる株です。ただし単元株数が1000株以上となっていると30万円~50万円の資金が必要になってしまいます。株式投資で銘柄を選ぶ場合は株価と単元株数に注意して選択しましょう。

たくさんある銘柄の中から選ぶのが難しいと思う人もいるでしょう。そのような場合は証券会社が用意しているシステムで、検索をかけてみると買いやすい銘柄を見つけることができます。さまざまな会社がありますので、自分の知っている会社に投資してみたり、これから成長することが見込まれる会社を探すのもよいでしょう。

いくらから始めるかはお財布事情と相談ですが、最初から全力で購入するのはあまり賢い選択ではありません。なぜなら購入した価格が最適値とは限らないからです。平均購入価格を下げるためにもある程度の資金を残し、よりお手頃価格になったときに買い増しするのも良いでしょう。少額投資の場合はたくさんの株を購入することは難しいかもしれませんが、持っている資金の中から投資先を分散させることによって、リスクを減らすことができるメリットもあります。

必要な資金はデイトレードとスイングトレードで違う

いくらから取引ができるかは取引スタイルによって異なる場合もあります。デイトレードでもスイングトレードでも、株価が変わることはありませんので基本的には1回当たりの購入価格は一緒です。しかしデイトレードでは購入した株を売却して別の株を買ったり、持っていた株を売却したあとに買い戻すなど、1日に頻繁に取引を繰り返すことになります。当然たくさんの資金があったほうが買いたいと思ったタイミングで売買ができるようになるため、チャンスも多くなります。

少額投資の場合はスイングトレードをしたほうが資産は安定するでしょう。スイングトレードでは一定期間株を保有することになりますので、取引回数は多くなりません。しかしじっくり値上がりするタイミングを狙うことができますし、長期間持っていれば優待や配当を狙うこともできます。日本の株にはこのように単純に値動きだけでなく利益につながる仕組みがあるのがメリットです。

うまく流れに乗ることができれば、デイトレードのほうが大きな利益を出すことができます。利益は再び投資資金として利用することができますので、取引さえ成功すればデイトレーダーのほうが早い段階で資産形成ができるでしょう。しかしすべての取引が成功するわけではありませんので、時には損切りをする勇気も必要です。取引スタイルによって必要となってくる資金が異なるのです。資金の多さから自分の取引スタイルを決めるのも良いでしょう。

最近では単元株未満の株を購入することができる「ミニ株」という制度も出てきました。これは単元を無視して1株単位で購入することができるものです。資金が少なくても市場に参加することができるようになるのがメリットです。初心者が儲けられるデイトレードの銘柄にもアンテナを張っておきましょう。