株投資初心者の方は当サイトで学びましょう

空売りって何?活用方法まとめ

株式投資にある程度慣れてくると単に買って売る、というだけではなく信用取引に手を出したくなってくるかもしれません。信用取引とは、自分が持っているお金や株を担保に、借金をして取引をすることができる手法のことです。大きく分けると2種類あり、「信用買い」と「信用売り」です。

後者は「空売り」という言い方もします。どのような手法かというと、持っていない株を借りて売る、というプロセスを踏みます。当然、売った株は借り物なので、どこかのタイミングで返す必要があります。空売りした株を「買う」行為を、「買い戻す」といいます。買い戻した株を返すことによって「空売り」は完結します。

単純に計算すると空売りを行った時よりも、買い戻すタイミングの方が、株価が下がっていれば、その差分が利益になるのです。実際には空売りを行うことで、利息が発生しますので、それを差し引いて計算する必要がありますが、原理としては単純です。

上がる株ではなく、下がる株を探すことで、利益をとる、という考え方ですね。株で考えるとイメージが付きにくいかもしれませんが、身近なもの、例えば、ゲーム機で考えるとわかりやすいかもしれません。友達から「半年間」という約束で借りたゲーム機を借りた直後に売ってしまいます。

たとえば5万円で売れたとしたら、手元に5万円が残ります。ただし、半年後には返す約束をしているので半年以内に、同じゲーム機を買ってくる必要がありますね。仮にネットオークションでそれを4万円で手に入れたとします。そうすると、売った5万円と、買い戻した4万円の差額の1万円が利益として得ることができる、と考えると単純な仕組みだとご理解いただきやすいかと思います。

ただし、空売りには大きなリスクがあるのでご注意ください。物の値段も、株価も、下がる場合、最悪のケースはゼロになることですが、上がる場合の「最悪のケース」というものはありません。空売りしている株が上がってしまった場合、理論上損失が無限大に膨らむ可能性があります。

制度信用取引と一般信用取引の違いとは?

空売りの仕組みやリスクについてはご理解いただけたかと思いますが、これですぐに始めるのも少し怖いですね。まず、気になる点としては株を「借りる」というのはどこからなのかという点です。

結論から言うと、証券会社から借りるパターンと、取引所から借りるパターンがあります。前者を、一般信用取引、後者を制度信用取引といいます。大きな違いとしては「期間」「金利」「銘柄数」が挙げられます。制度信用取引は取引所が定めたルールのもとに行われます。期間は、最長6ヵ月と決まっています。

どんなに下がっている銘柄であっても、最長の6ヵ月が過ぎてしまったら買い戻さなければなりません。逆もまた然りで、空売りしている最中に株価が上がってしまい売ったら大損が確定する場面でも、期限が来たら強制決済がされます。ルールが厳格な分、金利は一般信用取引に比べると安く定められています。

また、信用取引ができる銘柄が限られており、信用買いできる銘柄のうち、半分強程度しか信用売りを行うことができない点も注意が必要です。対して一般信用取引は証券会社独自のルールで行われます。6か月といった期間の制限なく、利息が払い続けられるのであればもっと長期間に保有することも可能です。

ただし、その利息も証券会社が定めるので、取引所のルールよりも割高に設定されています。信用取引ができる銘柄も会社ごとに自由に設定することができるため、すべての銘柄を扱うことができる場合もあります。そしてもう一つ大きな違いとして、制度信用取引の場合は逆日歩という借りる株が不足した場合に機関投資家から借りる「レンタル料」のようなものが発生するリスクがあります。

簡単に言うと、思わぬ出費が出るリスクがある、ということです。一般信用取引の場合にはそれが発生しません。こういった違いも理解しながら、自分にあった手法で行っていくことが大切です。